中古車の評価のポイントは

中古車の価格を決める評価ポイントは一般的には、車種と年式と走行距離です。
中古車の価格はこの3つでほぼ決まります。
車種については、新車時での価格と、現時点でのその車種の人気が大きく影響します。


高級車ほど高くなりますが、人気が無い車種は高いと売れないため、結果的に値段が下がります。

しっかりとした中古車が最近こちらで話題になっています。

また、人気車種は入荷してもすぐに決まってしまいますが、人気の無い車種は買い取り手がなかなか見つからないため、価格を下げないと売れません。

年式や走行距離も然りで、売れる条件を持っている車ほど高く、売れない車は安い、単純な市場原理で中古車の価格は決まります。


しかし、中古車ならではの評価のポイントがあります。

facebookに関する情報です。

それは、すでに新車として販売されていないものを手に入れることかもしれません。残念ながら国産車のほとんどはモデルチェンジが早く、またモデルチェンジすると旧型とは全くコンセプトが異なってしまい、同じ名前でありながら全く違う車種になってしまうのです。



そこで、モデルチェンジしてしまった新型に魅力を感じずに中古車で旧型を探すという人も多いのです。


その昔、モデルチェンジした車で大きくコンセプトを変更した車がありました。

しかし、新型はあまりにも大きく変化しすぎたため、新車発売当初新型が非常に評判が悪く、市場で旧型が売り切れてしまったことがありました。

この際には、走行距離が長いものでも高価でそれでも人気が殺到し品切れになった車がありました。このように実際の評価は一般的なルールとかけ離れたところにあることも珍しくないのです。